ニード・ファー・ナウ

基本のケアを怠らず、毛皮の寿命を伸ばそう

毛皮の日頃のケアは、意外と簡単です。実は、上手にケアしていれば、親子三代で楽しめるほど、その寿命は長いものです。普段の着用後のお手入れは、コートであれば、逆さに振って、ほこりを落とすくらいで大丈夫です。とりわけ、ほこりよけにカバーをかければベターです。 乾いたタオルを用いて、毛並みに沿って優しく拭くという簡単なケアで、毛のツヤがみるみる変わってきます。 毛皮の天敵は、湿気で、湿気の多い所で保管してしまうと、カビが発生し、嫌な臭いがついてしまう場合があります。また、毛艶がなくなり、のちのちのリフォームができないという事態にもなりかねません。それで、湿気の少ないところでの保管を徹底しましょう。 大切な毛皮を、狭い場所に押し込んで保管するのも避けましょう。毛の流れに癖がついたり、毛が折れてしまったりしますから、タンスの中で、となりの衣類と触れ合わない程度のスペースを保って保管するように、注意しましょう。