ニード・ファー・ナウ

毛皮の変色を防ぐために必要なことってなんでしょう

毛皮は非常にデリケートなため、何も注意せずに保管していると、いつの間にか変色してしまっていることがあります。変色の原因は化学反応によるものがほとんどです。 例えば、毛皮を着た時に付いてしまう汗、汚れや皮脂は、そのままにしておくと変色の原因となってしまいますので、外出した後は必ず毛皮の手入れをしてから片付けるようにします。毛皮は日光や蛍光灯の光にも注意が必要です。毛のタンパク質は強い紫外線や長時間光線を受けることによって、化学反応を起こし変色してしまいます。そのため、保管する時にもカバーをかぶせるなど気をつける必要があります。また、毛皮に香水や整髪料などがついた場合にも、化学反応を起こし変色してしまいます。 普段から毛皮の取り扱いに注意する事で長持ちし、いつまでも身につける事が出来ます。正しいお手入れ方法を身につけ、大切に扱うようにしましょう。必要に応じて専用のクリーニングを活用するのもおすすめです。